ライゾマティクス・アーキテクチャー代表の齋藤精一がプロデュースする芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」が奈良県の美しい自然が残る吉野町、天川村、曽爾村の3ヶ所にて開催されることが決定した。10月3日(土)〜11月15日 (日)までの期間、入場無料で様々なアートを鑑賞・体験できる。

三密を避け、withコロナで開催される芸術祭。広大な地域だからこそ実現できる新たなアート体験

コロナの影響で多くの芸術祭が中止・延期になり、行動の自粛をせざるを得ない状況が続いた中で、何かが足りないという感情になっている人は多いのではないだろうか。今回の芸術祭では、普段は感じられない自然や地域の人々との関わりによって、関係人工(観光以上移住未満の地域に多様に関わる人々)を生み出すことを目的としている。世界遺産をはじめ、日本の始まりを象徴する風景を3〜5時間ほどかけて歩きながら五感でリアルに体験できるのだ。“今この時期だからこそ自らの足で歩きアートを通して体と自然を感じで欲しい”という主催者側の思いから、広大な奥大和の地での開催が決定した。

sub7-1920x1445 開催間近!奈良の自然に包まれた芸術祭、ライゾマ齋藤精一がプロデュースする<MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館>

sub8-1920x1279 開催間近!奈良の自然に包まれた芸術祭、ライゾマ齋藤精一がプロデュースする<MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館>

参加アーティストも様々な顔ぶれだ。詩人の谷川俊太郎率いるデザインレーベル「oblaat」からは6名が参加。映画『千と千尋の神隠し』の主題歌“いつも何度でも”の作詞家である覚和歌子や、アートディレクターの則武弥等メンバーが名を連ねる。
その他、建築家・美術家の佐野文彦、映像デザイナー・クリエイティブディレクターの井口皓太等の作品も展示される。

sub4-1-1920x1281 開催間近!奈良の自然に包まれた芸術祭、ライゾマ齋藤精一がプロデュースする<MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館>

”音”に精通するアーティストでは、サウンド・インスタレーションやパフォーマンス活動を通して音楽の探究を続けるニシジマ・アツシ、津軽三味線奏者の飯田華那が参加予定。彼らがどのようなパフォーマンスを繰り広げるのか、期待したい。

吉野杉・檜等、日本の銘木として有名な歴史深い奈良の森のなかで五感を研ぎ澄ませ、存分にアート体験を楽しんでほしい。

sub8-1-1920x1279 開催間近!奈良の自然に包まれた芸術祭、ライゾマ齋藤精一がプロデュースする<MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館>

INFORMATION

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

2020年10月3日(土)〜11月15日(日)
会場:奈良県・吉野町、天川村、曽爾村
入場料:無料
主催:奥大和地域誘客促進事業実行委員会、奈良県
協力:株式会社ヤマップ
プロデューサー:齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー代表)
キュレーター:林曉甫(特定非営利活動法人 インビジブル理事長)
参加アーティスト:井口皓太、上野千蔵、oblaat、菊池宏子+林敬庸、木村充伯、毛原大樹、齋藤精一、坂本和之、佐野文彦、力石咲、中﨑透、西岡潔、ニシジマ・アツシ、細井美裕、他
※会期中イベント:詳細はウェブサイトにて随時更新。
公式ウェブサイト