今、最も注目を集める映画製作スタジオであるA24とプランB。両社がタッグを組んで贈る最新作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が、本日10月9日(金)より全国で公開されている。両社のコラボレーションは、第89回アカデミー賞®作品賞受賞作『ムーンライト』以来となる。

2019年の第35回サンダンス映画祭では監督賞&審査員特別賞をダブル受賞し、数々の映画祭でノミネートされた話題作。アメリカ合衆国前大統領のバラク・オバマ氏も、2019年のお気に入りの映画のひとつとして本作を挙げている。

film201001_lastblackmaninsf_4-1440x960 A24最新作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が本日より全国公開!

ジミー・フェイルズの実体験をジョー・タルボット監督が映画化。音楽はエミール・モセリが手がける

本作は、急速に変わっていくサンフランシスコを舞台に、主人公のジミーと親友のモントが共に心のよりどころを探し求め、理想とするコミュニティを復活させようともがく姿を描いている。

街の片隅に追いやられている彼らは、同世代のグループにも馴染めないが、お互いがお互いの存在を心の拠り所にし、絆を深めていく。

今回、そんなふたりの唯一無二の関係性を表現するべく、撮影中は役作りのために同居生活を行ったという。実名で主人公を演じたジミー・フェイルズは、当時について「一緒に暮らしたことで彼がどのように役作りをしているか、役者として何を考えているかを聞くことができたのは大きいよ。作品にどれだけ身を投じているのか、朝食に何を食べて、どんなルーティンを行っているかを知ることもできたんだ。2人の距離も縮まったしね。一緒にサンフランシスコを探索することで新しい発見もあったよ」と振り返っている。

film201001_lastblackmaninsf_2-1440x961 A24最新作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が本日より全国公開!

film201001_lastblackmaninsf_1-1440x959 A24最新作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が本日より全国公開!

監督はジョー・タルボット。ジミー・フェイルズは監督のジョー・タルボットと幼なじみであり、本作はジミー自身が経験した実体験をもとに製作された。そして、新進気鋭の作曲家エミール・モセリが音楽を担当。手掛けた曲が予告でも流れており、この印象的な音楽が物語をどのように彩るのかにも注目したい。

この投稿をInstagramで見る

The eagles has landed! (Or at least his feet) The first track from @lastblackmansf soundtrack is out. Produced and arranged this track with the man himself @technicolor_talbot and the great @danielherskedal . Featuring the one and only @themikemeezy and his golden pipes. Also featuring background vocals by the endlessly troublingly talented @iam_kamilah. From San Francisco to Norway to Brooklyn back to LA. So many people touched this piece of music. Truly embodies the collaborative spirit of this film. Album and movie out June 7th via @lakeshorerecords and @a24 . Album cover by in the incredible @knucklewood, featuring the man where it all began. Dreamboat @jimmiefailsiv full link in bio

Emile Mosseri(@emilemosseri)がシェアした投稿 –

NY在住ライター佐久間裕美子氏は、本作について以下のようにコメントしている。

―かつて黒人コミュニティや労働者、ヒッピーたちの街だったはずのサンフランシスコが いつしか「暮らせない街」になる過程で、振り落とされていった人々のストーリーに 光があたることはあまりに少ない。 アメリカが再び「不平等」を是正しようとする今だからこそ輝く物語。

その他にも、各界の著名人が大絶賛し熱いコメントを寄せている本作。この秋、ぜひお見逃しなく。

10/9 公開『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』 本予告

『The Last Black Man in San Francisco』(Original Motion Picture Soundtrack)

INFORMATION

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

film201001_lastblackmaninsf_5 A24最新作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が本日より全国公開!

10月9日(金)より、新宿シネマカリテ、シネクイント他全国ロードショー
監督・脚本:ジョー・タルボット
共同脚本:ロブ・リチャート
原案:ジョー・タルボット、ジミー・フェイルズ
音楽:エミール・モセリ
出演:ジミー・フェイルズ、ジョナサン・メジャース、ロブ・モーガン、ダニー・グローヴァー
配給:ファントム・フィルム
提供:ファントム・フィルム/TC エンタテインメント
©2019 A24 DISTRIBUTION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
【原題 The Last Black Man in San Francisco/2019 年/アメリカ/英語/ビスタサイズ/120 分/PG12】
字幕翻訳:稲田嵯裕里

詳細はこちら